WEB診療予約はこちら

虫歯は早期治療が大切です
歯に痛みを感じたり、冷たい物がしみたりした時は、虫歯の可能性があります。虫歯の原因は歯の表面に付着したプラーク(歯垢)に棲む虫歯菌。虫歯菌がプラークの糖分を分解する時に酸を出し、これが歯を溶かして虫歯が進行していきます。以下の項目に一つでも当てはまる方は、お早めにご来院ください。
虫歯の進行段階と治療法
進行段階
C0
ごく初期の虫歯
症 状
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。
治療法
適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
進行段階
C1
エナメル質の虫歯
症 状
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。
治療法
虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用合成樹脂)を詰めて治療します。
進行段階
C2
象牙質の虫歯
症 状
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。
治療法
虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
進行段階
C3
神経まで達した虫歯
症 状
神経まで虫歯が進行した状態。刺激(冷・温・甘など)に対してしみる症状から始まり、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。
治療法
神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
進行段階
C4
歯根まで達した虫歯
症 状
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。
治療法
多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。
■医院住所
〒177-0033
東京都練馬区高野台5-19-11
■診療時間
全日
9:00~13:00
15:00~19:00
■休 診 日
金曜日

WEB診療予約はこちら