WEB診療予約はこちら

親知らずが痛む方へ
前歯から8番目、奥歯のそのまた奥に生えてくる「親知らず」は、昔は普通の奥歯として使われていました。しかし、昔に比べてやわらかい食べ物が増えるなど食生活が大きく変わったことで、よく咬む必要がなくなり、顎が十分に成長しなくなりました。そのため、現代では親知らずがしっかりと生えてくるスペースがないケースが多く、横や斜め向きに生え、その痛みに悩まされる方が多いのです。
親知らずは抜かないまずい?
親知らずを抜いた方が良い場合
痛みや腫れがある
親知らずに痛みや腫れがあり、これが何度も繰り返すようであれば、抜いたほうが良いでしょう。
食べ物が挟まりやすい
食べ物が挟まって親知らずの隣の歯が虫歯になるなどの悪影響がある場合は、抜歯をおすすめします。
大きな虫歯がある
いちばん奥にある歯なので、虫歯の治療が困難な場合があります。また手前の歯も虫歯にしてしまうことが多いため、虫歯予防のために抜歯することもあります。
傾いて生えている
顎が小さくて親知らずが正常に生えるスペースがないと、隣の歯を押すように傾いて生えることがあります。歯並びが乱れる原因になっている場合は抜歯をします。
上下のうち片方しか生えていない
咬み合せる歯がない状態が続くと咬む力が均等にかからず、歯や歯ぐきに余計な負荷がかかる可能性があるため、抜歯をする場合があります。
親知らずを抜かなくても良い場合
正しく生えている
痛みや腫れもなく、まっすぐ正しい位置に生えていて、大きな虫歯もない場合は、特に抜く必要はありません。
上下の歯がきちんと咬み合っている
歯並びも正常で、咬み合わせもきちんとしている状態であれば、あえて抜くことはありません。
将来的に土台として使用する可能性がある
親知らずの隣の歯に治療が必要となった時に、土台として使用する可能性がある場合などには、抜歯せず残しておくことがあります。
■医院住所
〒177-0033
東京都練馬区高野台5-19-11
■診療時間
全日
9:00~13:00
15:00~19:00
■休 診 日
金曜日

WEB診療予約はこちら